土属性SSR「ファスティバ」/風属性SSR「バイヴカハ」の性能詳細と評価(グラブル攻略)


とりま二人ともサプチケ可なので焦る必要はなしっ



 

以下、公式より引用

ファスティバ

ファスティバ
年齢:34歳
身長:202cm
種族:ドラフ
趣味:家事全般(特に料理)、編み物、体を鍛えること
好き:愛、子供など可愛らしいもの全般
苦手:暗い顔、下品なヤツ

現在開催中のイベント「ノーレイン、ノーレインボー!」で活躍中のファスティバが土属性のSSレアとして登場です!

主人公達と共に旅をするため、ジュエルリゾートで最後のイベントに臨むことになったファスティバ。
彼(女)は最後の舞台でデュエリストとして、人々にどんな感動を与えてくれるのでしょうか?
フェイトエピソードで彼(女)の活躍の他、ジュエルリゾートの女帝であるクリスティーナとの出会いについても語られています。

バトルでは独自効果「グラッピング」を起点に多彩な攻めを展開するアタッカーとして活躍します。
「グランブルファンタジー ヴァーサス」にも参戦が決定し、ますます目が離せないファスティバのアビリティを下記よりご紹介いたします!

◆アクションアビリティ◆
ラヴ・グラッピング
敵にグラッピング効果を付与し熱い攻防に備える
【Lv55でターン短縮】
使用間隔:8ターン 効果時間:1ターン

熱い戦いを巻き起こすために、敵に「グラッピング」を付与する弱体アビリティです。
敵をガッシリと掴んで、敵の攻撃力を奪いつつこれからの展開に備えます。
効果時間は1ターンと短いですが、敵の攻撃力を40%ダウンさせる強力な効果となっています。
この「グラッピング」を起点に、彼(女)は様々な攻めを展開していく事が可能です。

 

魂のマグナムチョップ
敵に土属性ダメージ/防御DOWN
◆対象がグラッピング状態の場合気絶効果追加
【Lv75でターン短縮】
使用間隔:8ターン 効果時間:180秒/1~2ターン

渾身のチョップをお見舞いするダメージアビリティです。
防御ダウン効果でダメージを与えやすくなる他、「グラッピング」効果中の敵に対してはさらに気絶を1~2ターン与える事ができます。

 

熱狂のファイティングソウル
味方全体の連続攻撃確率UP/テンションUP
◆グラッピング状態の敵がいる場合味方全体の通常攻撃ダメージUP効果追加
使用間隔:7ターン 効果時間:3ターン

ファスティバへの声援が味方全体を滾らせる強化アビリティです。
味方全体の連続攻撃確率がアップするほかテンション効果も付与されますので、怒涛の攻撃を叩き込む事が可能です。
さらに「グラッピング」効果中の敵がいる場合は、通常攻撃の与ダメージがアップする効果も追加!
「ラヴ・グラッピング」から「魂のマグナムチョップ」で敵の防御をダウンさせ「熱狂のファイティングソウル」まで繋げる事で、バトル序盤から一気に大ダメージを狙っていくのも良いでしょう。

 

◆奥義◆
ラヴ・サーブ・ボンバー
土属性ダメージ(特大)/ラヴ・グラッピングが即時使用可能
◆対象がグラッピング状態の場合奥義性能UP

ロープとコーナーを使ったファスティバの一撃が敵を粉砕します!
「グラッピング」効果中の敵に対しては奥義ダメージと奥義ダメージ上限がアップし、大ダメージを狙う事ができます。
さらに「ラヴ・グラッピング」が即時使用可能になりますので、次なる熱い攻防に備えていきましょう。

 

◆サポートアビリティ◆
熱き攻防
グラッピング状態の敵の攻撃行動のターゲットになったとき敵全体に土属性ダメージ/スロウ効果

「グラッピング」効果中の敵からターゲットになると、強烈なカウンターをお見舞いします!
スロウ効果で敵の特殊技を遅らせつつ、アビリティダメージを与えます。
「グラッピング」効果中は熱い攻防の真っ最中となり、敵もファスティバしか見ていないので、うまく狙っていってみてください!

 

本物のヒーロー
敵のターゲットにされやすいが最大HPUP/グラッピング状態の敵がいる場合敵対心UP

花形デュエリストはそう簡単に倒れはしません。
敵のターゲットになりやすいですが、その分最大HPがアップします。

 

 

アビリティ効果まとめ

【1アビ】
敵にグラッピング効果(敵の攻40%ダウン)を付与し熱い攻防に備える
【Lv55でターン短縮】
使用間隔:8ターン 効果時間:1ターン

【2アビ】
敵に土属性ダメージ/防御DOWN(25%?)
◆対象がグラッピング状態の場合気絶効果追加
【Lv75でターン短縮】
使用間隔:8ターン 効果時間:180秒/1~2ターン

【3アビ】
味方全体の連続攻撃確率UP(DA35%?/TA15%?)/テンションUP
◆グラッピング状態の敵がいる場合味方全体の通常攻撃ダメージUP効果追加
使用間隔:7ターン 効果時間:3ターン

【奥義】
土属性ダメージ(特大)/ラヴ・グラッピングが即時使用可能
◆対象がグラッピング状態の場合奥義性能UP(ダメ%ダメ上限UP)

 

【サポアビ1】
グラッピング状態の敵の攻撃行動のターゲットになったとき敵全体に土属性ダメージ/スロウ効果

【サポアビ2】
敵のターゲットにされやすいが最大HPUP/グラッピング状態の敵がいる場合敵対心UP

 

 

 

 

ファスティバ簡易評価

 

優秀なデバフとバフを兼ね備えた、バランスのいいキャラ。

難点を上げるなら、3アビの恩恵を受けていられる時間がやや短いのと、
アビリティを使う際にグラッピング状態にしてから使うのを忘れないように
するのがややめんどいかも?といった点くらいでしょうか。
とはいえアビ2もアビ3も素で使用しても十分な性能なのと、
土はオクトーが居れば奥義回転は早いので、そこまで気にする必要はないかなと思います。

まぁ特に必須じゃないけど間違いなく普通に強いっていう、
ここ最近の恒常のいつものやつですねw
火力だけみるなら十天やダーントで良さげ。

 

 

 

 

 

 

バイヴカハ

 

続きまして、ある時は強敵として立ちはだかり、ある時は召喚石として風属性のパーティを支えるバイヴカハが満を持して風属性のSSレアキャラクターとして登場します!

バイヴカハ
年齢:不明
身長:不明
種族:星晶獣
趣味:生きとし生けるものの観察
好き:戦場、強者、血
苦手:不明

モリガン、ヴァハ、バズヴの3人の女神からなる星晶獣バイヴカハ。
ひとりの軍人の亡骸を引き揚げる依頼を受け、とある戦場跡を訪れた主人公達は、亡骸の傍に佇むバイヴカハと出会います。
見初めた相手に加護を与え、死が訪れるまで見守る役目があるという彼女達は、かつて見初め英雄となった人物の放った「ある言葉」の答えを探し求めているようです。

バトルにおいても見初めた味方一人に大いなる栄光と死がにじり寄ってくるような弱体効果を同時に付与するハイリスクハイリターンなアビリティでサポートを行います。
見初めた味方と共に寄り添い、その力を振るうバイヴカハのアビリティを以下よりご紹介いたします!

◆アクションアビリティ◆
トゥアハ・デ・ダナーン
敵全体に8倍風属性ダメージ/強化効果を1つ無効化
【Lv55でターン短縮】
使用間隔:8ターン

無数の光が敵を穿つダメージアビリティです。
敵全体に8倍ダメージを与え、敵の強化効果を1つ無効化する事ができます。

 

ブーア
自分以外の風属性キャラ単体にブーア効果
◆ブーア効果は味方一人にのみ付与可能
【Lv75でターン短縮】
使用間隔:12ターン

自分以外の味方一人を見初めるハイリスクハイリターンな強化アビリティです。
独自効果「ブーア」を付与された味方は、以下の効果を得る事ができます。

・攻撃力UP
・トリプルアタック確率UP
・ダメージ上限UP
・回避率UP
・防御DOWN

攻撃力、ダメージ上限、回避率がアップしつつ必ずトリプルアタックができるようになり、攻撃性能が大きくアップ!
さらにこの効果は永続かつ消去不可の非常に強力なものとなりますので、誰に「ブーア」を付与して下がった防御力をどうやってカバーするのか、色んな編成を考えてみてもらえればと思います。

 

ネヴァン
味方全体の被ダメージの一部を反射(3回)
◆ブーア効果中の味方が敵の全ての攻撃を回避(1回)
使用間隔:9ターン 効果時間:3ターン

敵の攻撃から味方を守る強化アビリティです。
味方全体の被ダメージを40%カットしつつ、カットした分のダメージを反射するリフレクト効果を付与します。
さらにアビリティ「ブーア」の効果を受けている味方には1回だけ全ての攻撃を回避する分身効果を付与します。
「ブーア」によって防御力が大幅に低下した味方をカバーできる効果となっていますので、積極的に使って見初めた味方の活躍を見守っていきましょう。

 

◆奥義◆
トライアド・ウィング
風属性ダメージ(特大)/味方全体の風属性攻撃UP/土属性ダメージカット(20%)

味方全体の風属性攻撃をアップさせつつ、土属性ダメージを20%カットします。
土属性の強敵とのバトルでは攻防で活躍してくれる効果となっています。

 

◆サポートアビリティ◆
栄光と死の螺旋
味方が戦闘不能になった時、自分の全てのアビリティが即時使用可能になる

バイヴカハは見初めた英雄が命尽きるまで寄り添う役目を持った星晶獣です。
味方が戦闘不能になってしまった際は、全てのアビリティが即座に使用可能となり、次なる英雄を見初める事ができます。
ただしバイヴカハ自身が戦闘不能になった場合は、味方のサポートで復活できたとしても効果は発動しませんのでご注意ください。

 

英雄に寄り添いし獣
ブーア効果が付与されている味方がバトルメンバーにいる場合自分の攻撃UP/トリプルアタック確率UP

アビリティ「ブーア」の効果を受けた味方がバトルメンバーにいる場合、バイヴカハ自身の攻撃性能がアップします。
見初めた味方と共に戦い、立ちふさがる強敵を倒していきましょう!

 

 

アビリティ効果まとめ

【1アビ】
敵全体に8倍風属性ダメージ/強化効果を1つ無効化
【Lv55でターン短縮】
使用間隔:8ターン

【2アビ】
自分以外の風属性キャラ単体にブーア効果
◆ブーア効果は味方一人にのみ付与可能
【Lv75でターン短縮】
使用間隔:12ターン

・攻撃力UP
・トリプルアタック確率UP
・ダメージ上限UP
・回避率UP
・防御DOWN(70%?)

【3アビ】
味方全体の被ダメージの一部を反射(3回/40%軽減)
◆ブーア効果中の味方が敵の全ての攻撃を回避(1回)
使用間隔:9ターン 効果時間:3ターン

 

【奥義】
風属性ダメージ(特大)/味方全体の風属性攻撃UP/土属性ダメージカット(20%)

 

【サポアビ1】
味方が戦闘不能になった時、自分の全てのアビリティが即時使用可能になる

【サポアビ2】
ブーア効果が付与されている味方がバトルメンバーにいる場合自分の攻撃UP/トリプルアタック確率UP

 

 

 

 

バイヴカハ簡易評価

 

2アビ、性能がいいだけにデメリットの防御ダウンもヤバイっぽいですね。
3アビやティアマト召喚、その他介護キャラを用意すればそれなりに持ちそうですが、
そこまでしてバイヴカハを使う価値があるのかどうか・・・。
賢者居るなら交代用として使えそうですが、
アンチラニオ+誰かで普通に戦ったほうが安定しそうな感じがします。

人権キャラ揃ってなくてキャラ使い捨て気味に戦うような初心者向けか、
短期決戦で使う感じなのかなーと。

何れにせよかなりピーキーな感じですが、
魔境の風に普通の強キャラ追加されるよりは面白いかもしれませんね。

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。